辞表の書き方

仕事の悩み 退職の仕方

辞表(退職届)の書き方・例文まとめ/代行してくれるサービスは?

会社を辞めるぞ!バイト辞めるぞ!

と決心がついても、なかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?

  • 辞表とか書けばいいのかな?
  • どうやって?
  • 例文とかある?
  • 何日前に言えば?

などなど…

考え始めると色々と出てくると思います。

このページでは、辞表・退職届に関する情報をお届けしていきますね。

辞表・退職届は自分で考えなくてもOK。退職代行サービスを使える。

そもそも、辞表・退職届の書き方は自分で考える必要はありません

退職代行サービスを利用するという手があります。

多くの退職代行サービスでは書類のテンプレートを用意してくれるので、それに沿って進めればOKです。

さらに、辞めるにあたっては有給消化などの様々な手続きがあります。

これらを全て自分でやるとなると、時間と労力が余計にかかり、辞めるという決意も揺らいでしまいます…

そこで便利なのが、退職代行サービスなのです。

自分一人で何日間も悩みつづけ、その後自ら行動に移さなければならない

ということを考えると、かなりコストパフォーマンスは高いと思います。

特にブラックな会社だったり、引き止められそうな場合は利用することをオススメいたします。

こちらにオススメの代行サービスを紹介していますので、是非ご覧ください!

おススメの退職代行サービスはこちら

辞表の書き方

さて、ここからは、全部自分で行いたいと思っている方のために、辞表の書き方をお伝えしていきます。

ここまで「辞表」という言葉を使ってきましたが、「退職届」「退職願」ということばもありますよね。

これらの違いをご存知でしょうか?

じつはそれぞれ意味が異なっているのです。

まずはそこから説明していきますね。

書類の違い

「辞表」は役員や公務員が出すもの。

実は、「辞表」とは、社長や取締役、公務員が提出する書類のことを言います。

ですので、一般的な社員やアルバイトが出すものは「辞表」ではないんですね。

以下の「退職願」、「退職届」がそれにあたります。

「退職願」は退職の意思を示すもの。

「退職願」は名前の通り、「退職したい」と願い出るための書類です。

口で伝えても良いのですけど、書類にして提出すると覚悟が伝わるというものです。

もちろん、これを出した時点では、まだ退職完了にはなっておりません。

受理されなければ退職には至らないのです。

法的には退職の自由は認められているのですが、

様々な理由で退職願を受理しないケースもあります。

そんなとき、自分で意志を押し通すのはなかなか大変なものですよね。

この点も、代行サービスを使用すればしっかり対応してくれます。

「退職届」は退職日が確定した後に届けるもの。

「退職届」とは、退職の願いが受理されて、退職日が確定した後に届け出る書類のことです。

事務的な記録のためのものと考えれば良いと思います。

会社ごとに規定があると思われますので、しっかりと確認しなければいけない所です。

この点も、代行会社に依頼すると楽ちんですね。

ということで、一般的には、まずは「退職願」を書くことになると思います。

以下にその手順をご紹介いたします。

書き方:準備

手書きか印刷かはこだわらない。

最近はあまりこだわらない所も増えていると思いますので、慣れている方で構わないでしょう。

横書きよりは縦書きで。

一般的には縦書きです。B5またはA3のサイズで書きましょう。

白い封筒を使おう。

白い封筒で、郵便番号の枠が無いものを使用してください。

表の中央に「退職願」と書きます。

裏の左下に所属部署とフルネームを書きましょう。

書類は三つ折りにして封筒に入れましょう。

書き方:本文

上の画像のように、以下のような順で書けばOKです。

  • 退職届
  • 私儀
  • このたび、一身上の都合により、勝手ながら20YY年MM月DD日をもって退職致したく、ここにお願い申し上げます。
  • 20YY年MM月DD日
  • 所属部署 フルネーム
  • XX株式会社 代表取締役 ZZZZ様

タイトル:「退職願」

始めに「退職願」と書きます。

書き出し:「私儀」と書く

一行目の下部に「私儀」と書きます。「私事ではありますが…」という意味です。

退職の理由:「一身上の都合により…」

詳しく書く必要はありません。一身上の都合で良いでしょう。

退職を希望する年月日も書きましょう。

提出日を書く

上司や人事に提出する日付を記入してください。

所属と氏名を書く

自分の所属している部署名とフルネームをご記入下さい。

自筆の場合はどちらでも良いですが、PC等で作って印刷した物には捺印もしておきましょう。

あて名を書く

自分の会社の社長や勤務先の店長などの名前を書きます。

肩書も間違えないようにしっかり調べてください。

提出する

以上です!

結構気を付けなければいけないことが多くて大変ですよね。

更に、これを提出するのも勇気がいることでしょう…

提出した後も、受理されるかどうか不安だったり、有給や残業代等のその後の手続きも煩雑だったり

始めの方にも書いた通り、そういったものを全て代わりに行ってくれるのが退職代行サービスです。

最近は結構広まってきているサービスですので、利用しても恥ずかしいことはありません

むしろ、時間と労力の節約になるので、退職後のことに専念できます

気になる方は、是非こちらも見てみてくださいね。

おススメの退職代行サービスはこちら

最後に…現状が本当につらい人へ

ちなみに、オススメしているどちらのサービスでも、申込後即日対応してくれます。

つまり、翌日から会社に行かなくてもOKです。

辞める意思表示まで代わりにやってくれて、

その後一切会社の人と顔を合わせることなく辞めてしまうこともできるんです。

現在ほんとうにキツイと思う人はすぐにでも相談するのが良いと思います。

正直言って、比較している時間すらもったいないです。

どちらか1社決めて、すぐに相談してみてくださいね。

あなたの人生に新しい道が開けますように!

おススメの退職代行サービスはこちら

-仕事の悩み, 退職の仕方