夜勤がキツくてもう辞めたい

仕事の悩み

夜勤がキツくてもう辞めたい…そんなときに知るべき4ヶ条をお伝えします。

夜勤がキツイ!もう辞めたい!っていう人、多いと思います!

もう今すぐにでも辞めたい!っていう方は、このページを読むよりも、

すぐにでも退職代行サービスを利用するほうが良いでしょう。

こちらにオススメのサービスを紹介しておりますので、是非ご覧ください。

おススメの退職代行サービスはこちら

というわけで、以下から本文スタートです!

夜勤対策4ヶ条

介護や看護、コンビニ、工場、ホテル、コールセンター、etc…

夜勤がある職種を挙げると枚挙にいとまがありませんね。

このような職種に就いている方々には本当に頭が上がりません。

私も一時期、短期的に夜勤で働いたことはありますが、本当に体がボロボロになりそうでした…

もっと長く続けていたら危なかったと思います。

中には夜勤が自分にあっているという人もいると思います。

でも、そうではない人も多いのではないでしょうか?

仕事自体にも楽しさを感じることができないのに、

夜勤まであって体も精神もぼろぼろに…

そのような傾向がある方へ、今後できる対策を4つまとめました。

是非参考にしていただければと思います!

辞める

最大の解決策は「辞める」です!

といっても、それがなかなかできないから困っているという方も多いですよね…

人手不足の空気を感じたり、

仕事を始めたばかりだったり、

言い出せる雰囲気の職場じゃなかったり…

でも!自分の体のことを第一に考えてください!

もしこのままずるずる続けていて、体に支障をきたし、働くことすらままならないことになったとしたら…

その方が職場にも迷惑をかけますし、何よりその後のあなたの人生がつらくなっていきます。

そうなる前に、辞めるのが正解です。

「とても言い出せる環境じゃない」と感じている場合、

それはその職場の責任であって、

あなたには悪いところは一つもありません。

とは言え、

自分で退職の手続きをするのがめんどくさかったり

意思表示するのがつらい場合は、

退職代行サービスを使うという手があります。

↑こちらの記事でも詳しく紹介しておりますが、かなり便利なサービスです。

おススメの退職代行サービスはこちら

特に、激務のせいで考えること自体嫌になると感じる場合は、すぐにでも相談すべきです。

多くのサービスでは相談自体は無料ですので、是非試してみてください。

辞めた後のことが心配という人も多いと思いますが、

辞めないで体がぼろぼろになる方が心配です!

金銭的な面で言っても、医療費とかかかってしまいますし。

それに、退職したら失業保険もありますので、多少は支えになるはずです。

辞めて時間に余裕ができてから考える。

その方が冷静に考えることができ、良い選択をできると思います。

先のことを考える前に、まずは辞める!

これをオススメいたします。

でも、やっぱりやめたくない…そんな方は、以下のようなことを考えてみてくださいね。

体調管理を徹底する

おそらく、夜勤をしていて一番問題なのは体調だと思います。

日勤と夜勤がごちゃ混ぜになったお仕事の方が多いと思いますが、

そうすると体のリズムが狂ってしまい

どうしても健康に悪影響を及ぼすのです。

これは、夜勤をしている以上避けられないことだと思いますので、

その他の部分で体調を改善していくことが必要になってきます。

食事や運動、睡眠、デトックス…これらを徹底的に管理すれば、

たとえ夜勤であろうと頑張れると思います!

お仕事自体は好きだったり、情熱を持っているという方は、是非体調に気を付けてくださいね。

もし体調管理に自信が無い場合は、コーチを付けるという手もあります。

実は、私はヘルスコーチとしても活動しております。

ご興味あれば、是非こちらよりお問い合わせください。

4WEEKプログラム:体調とメンタル管理手伝います

メンタルケアを徹底する

体調と同じくらい大事なのがメンタルですね。

メンタルは体調とも連動しているので、

体調が崩れてくるにつれてメンタルもやられてくるという場合もあります。

体調は全然問題ないけど、ストレスがひどくてどんどん鬱になっていく…

そういうケースもありますね。

メンタルがやられると、正常な判断ができなくなってしまいます。

思考停止です。

こうなると、自分で軌道修正できなくなってしまい、

もはや人生終了といっても過言ではないと思います…

運よく誰かが助けてくれるのを待つしかありません。

社会は夜勤に合わせてくれませんので、

夜勤の人はやはりメンタルがやられがちです。

そのため、かなり意識してケアしていく必要があります。

実はこれには、体調のときにもお話したケアが役に立ちます。

食事や運動、睡眠、デトックス…それに瞑想などのマインドフルネスも取り入れていくと良いですね。

これらについても、自分で管理するのに自信が無い方は是非こちらよりお問い合わせください。

4WEEKプログラム:体調とメンタル管理手伝います

夜勤に合わせた生活にする

最後の対策はすでに多くの方が実施されていると思います。

夜勤に合わせた生活リズムを作るということですね。

特に、日勤と夜勤が混ざったお仕事の場合、

夜勤だけにしてもらえないかを聞いてみると良いと思います。

そうすれば、太陽のリズムには合わないものの、周期的な生活を営むことができるからです。

完全な夜行性への移行ですね。

サイクルが安定していれば体調も崩れにくくなりますので、

可能な限り、夜勤だけのシフトを組めるようにしてみてください。

また、睡眠時間が昼間になると思いますので、

睡眠時はしっかりと日光を遮断する必要があります。

太古の昔から人間は起きたときに太陽を浴びる習慣でした。

起きたら人工的な光でも良いのでしっかりと浴びるよう心がけると良いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

おそらく、このページを見ている方は、夜勤がつらいと思っていることでしょう。

当サイトでは退職代行サービスを積極的に利用することを勧めていますので、是非検討してみてください。

おススメの退職代行サービスはこちら

ただ、お仕事自体は好きだから、つらいけど続けたいという方も当然いらっしゃると思います。

本当はそういう方にも、一度立ち止まって、

「自分は本当にこの仕事が好きなのか?」

ということを考えてほしいところです。

それでもなお、続けたいと思った方は、体調とメンタルに気を付けてくださいね。

自分で管理するのに自信がない方は、是非こちらのページもご覧ください。

4WEEKプログラム:体調とメンタル管理手伝います

最後に…現状が本当につらい人へ

ちなみに、オススメしているどちらのサービスでも、申込後即日対応してくれます。

つまり、翌日から会社に行かなくてもOKです。

辞める意思表示まで代わりにやってくれて、

その後一切会社の人と顔を合わせることなく辞めてしまうこともできるんです。

現在ほんとうにキツイと思う人はすぐにでも相談するのが良いと思います。

正直言って、比較している時間すらもったいないです。

どちらか1社決めて、すぐに相談してみてくださいね。

あなたの人生に新しい道が開けますように!

おススメの退職代行サービスはこちら

-仕事の悩み